大手企業だけじゃない!中小企業こそES調査をやるべき理由

2020年10月7日
2020年11月9日
達人調査員
達人調査員

■社員アンケート(ES調査)とは

社員アンケート(ES調査)」とは、「従業員満足度調査」のことを指します。

従業員満足度調査とは、自社の社員を回答者とするアンケート調査です。

正社員だけに限らず、パートやアルバイトを含めて調査を行うこともあります。

 

単に会社全体的な満足度だけではなく、

  • 会社の制度について
  • 人事評価について
  • 会社の雰囲気について

など、細かく調査することで課題を浮き彫りにすることが目的です。

 

また、それ以外にも心理的な部分(メンタル面)についても問う項目をつけることで、傍目からは分からないような問題点が分かることもあります。

会社の今後を左右する「人材」に関することなので、実際に着手されている企業が増えてきています。

 

社員アンケートについて説明した記事もございます。ご覧ください。

【ES調査】今更聞けない、ES分析の基本を解説!活用方法もご紹介

 

【ES調査】社員意識調査はなぜ行うべきなのか!?ES調査が会社にもたらす効果とは

 

■ES調査は大企業会社がやること?

ここまで読んでいただいた方で、「ES調査は従業員が多い企業がやるものだ」と思っていらっしゃいませんか?

 

従業員満足度調査を行う際に、会社の規模は関係ありません!

 

複数の人がいれば、色々な考え方があります。

一人一人の意見をくみ上げることは、どの規模の会社にとっても大事なことだと思います。

  • 社内で新しい取り組みを行う時/行った後
  • 採用が本格化する前に現場を知っておきたい時
  • 創業●●周年を機に、社内改革を行いたいとき

それぞれのタイミングがあるかと思いますが、従業員満足度を測っておくことで、現状を把握することができたり、社員の本音をくみ取ることで新たな課題が浮き彫りになったりと、たくさんのメリットが見込まれます

 

また、中小企業の方が1人1人の裁量が大きいので、離職した場合のダメージが大きいというリスクもあり、ES調査のニーズが増えています。

 

 

■中小企業でのES調査のすすめ

皆さまは「ユニークURL」という言葉をご存じでしょうか?

 

★ユニークURL:URLにユーザ固有の名前をつけること

 

アンケート回答者に個々のURLを配布することで、誰が回答して、誰が回答していないかがデータ上分かります。

そのため、まだ回答していない人に絞って、リマインドを行うこともできます。

アンケートを収集後、効果的に集計することも可能です。

 

アンケート調査の達人」では、このユニークURLを活用してアンケート調査を行うことが増えています。

もちろん匿名性の担保のために、ユニークURLでなく1つのURLで調査を行うことも可能です。

ただ、それだとアンケート回収後、複雑な集計が難しくなる、というデメリットがあります

 

部署名、役職、性別、年代など、個人が特定できない程度の設問を追加するか、部署名ごとでユニークURLを作成する(個別ではなく、「営業部のURL」「総務部のURL」などを決めておく)など、柔軟に対応することも可能ですので、あなたのご要望に合わせてご提案いたします。

 

■さいごに

従業員満足度調査を行うことに、大手企業も中小企業も関係ありません。

「アンケート調査の達人」では、皆さまのさまざまなご希望を想定して、パッケージプランをご用意しています。

貴社のご状況とご要望に合わせた最適なプランをご案内できます。

是非、問合せください。

また、「問合せするまででもないけど、聞きたいことがある」という方に必見!

アンケート調査の達人」は「Twitter」「Facebook」を行っています。
投稿へのコメントや、DMを送っていただければ、調査員より返答いたしますので、是非チェックしてみてください。

 

●Twitter
@atatsuzjin

 

 

 

●Facebook
@a.tatsujin

 

最新情報を発信中