【CS調査】店舗毎の課題を明確にし、動きやすい職場作りを

クライアント

飲食チェーン店

所在地:愛知県名古屋市

業種、事業内容:サービス業(飲食)> 接客

■選択プラン、オプション

  • 調査プラン:CS調査の達人(ライト)
  • オプション:クロス集計/簡易レポート作成

■内容

お客様の「店舗ごとの課題に沿って現場が動けるように体制を整えたい」という目的と、お客様の知りたいことを顧客満足度調査で明らかにするために、しっかりとお打ち合わせをしました。


今回のCS調査は、200名に出口調査を行いました。顧客に満足度のアンケートをとれるだけではなく、店舗の利用状況の実態を把握でき、仕入れする商品や店内レイアウトなど、よりニーズにあった店舗づくりに活かすためです。それにより、顧客満足度の向上とともに、店舗の活性化に繋がります。


CS調査後、クロス集計を行い、集計結果をもとにを顧客満足度の簡易レポートを作成し、結果の報告を行いました。


また、それぞれの店舗会議へ出席し、PDCAサイクルの管理をしております。やはり、継続的に改善していくことで、より結果が明確に表れるので、定点観測はおすすめです。

■課題

  • 顧客アンケートの結果をもとに、店舗ごとの課題に沿って現場が動けるように体制を整えたい。

■コメント(ポイント)

顧客満足度調査を実施して、顧客の声を店舗スタッフが理解できるようになりました。


全店舗共通のマニュアルは渡していますが、やはり立地や顧客層、働く従業員などの要因によって、マニュアル通りでは足りないことや、店舗ごとの課題は異なってきます。


そのため、今回の顧客満足度調査は顧客の各店舗に対する満足度と、こちらが知りたかった設問を設計することにしました。


わたくしどもの飲食店は、何より女性の顧客が中心です。なので、CS調査の達人さんならではの女性目線でのご意見や、女性だからこそ気付ける視点の幅で、売り上げアップのヒントをいただけるのではないかと思い、今回CS調査の達人さんにお願いをしました。


継続的な顧客満足度調査により、改善のきっかけが掴め、店舗ごとの課題が見えるようになってきたと思います。

■達人調査からのコメント

いつもお世話になっております。数ある顧客満足度調査を行っている企業の中から、CS調査の達人を選んで頂きありがとうございます。


何度か店舗会議に参加させてもらっていますが、行うたびに新しい課題が出てきますね。しかし、これは体制が整ってきている証です。今後も継続をしていきましょう。