【ES調査】女性従業員と若手従業員の離職率を下げるための課題

■クライアント

金型部品の専門商社

所在地:愛知県名古屋市

業種・事業内容:専門商社(部品)

■選択プラン、オプション

■調査内容

事前打ち合わせでは、“女性従業員と若手従業員の離職率を低くし、
全従業員が働きやすい会社にするための課題を見つける”という目的を聞きました。


しかし、企業価値があがるまで結果を出しませんか?と、
従業員満足度アップのその後を見据えた提案をさせていただきました。


また、コストをなるべく抑えたいとのことだったので、
調査方法は低価格のWebでのアンケートをお勧めしました。


アンケート結果の入力後クロス集計を行い、
まず女性従業員と若手従業員の離職率が高い原因を探りました。
これにより原因も明確に把握でき、課題も浮き彫りになりました。


その後は、お客様に継続して定点観測を行ってもらい、
会社の風土や業績の変化を感じていただいております。

■課題

  • 女性従業員と若手従業員の離職率を低くし、
  • 全従業員が働きやすい会社にするための課題を見つける。

■お客様のコメント(ポイント)

お恥ずかしい話ですが、弊社の従業員の離職率がなかなか下がらなくて…


長く働いている従業員は定着しているのですが、
女性従業員や若手従業員が辞めてしまうケースが多かったです。


社員が辞めることは会社の損害になりますし、
特定の従業員(女性従業員や若手の従業員)が辞めてしまうということは、
何か働きにくい要因があるのだろうと感じておりました。


しかし、明確な理由は分かっておらず、ES調査の達人さんにご依頼しました。


女性従業員や若手従業員の離職率を低くするだけではなく、
年代や性別に関わらず全ての従業員が働きやすいと感じる会社にするための課題を、
見つけたいとも思っておりました。


実際に従業員満足度調査を行い、改善した結果、離職率は少しずつですが改善されました。


女性従業員からは、「私達の環境に応じて柔軟に対応してもらえるようになった。」と言ってもらえ、
さらに若手従業員からは、「先輩方とコミュニケーションを取りやすくなった。」との声を
多く貰えました。


また、ES調査の達人さんに勧められて継続的に調査を行い、
定点観測で比較を行いましたが、そのおかげで、
社員が抱える課題とその解決進捗がより明確になっていき、企業価値の上昇にも繋がりました。


会社の風土が変わってきており、会社にも追い風が吹いてきていると感じます。
これからもよろしくお願いいたします。

■達人調査からのコメント

弊社を選んでいただきましてありがとうございます!


離職率もかなり改善され、私達もとても嬉しく感じております。
定点観測を行うことにより、より変化を感じることができましたね。


しかし、課題を解決してもさらに課題がでてくるので、
これからも気を抜かず継続して行いましょう。これからもよろしくお願いいたします!